不妊検査の内容とは?生理中でも受けられるの?男性は?

女性ホルモン 増やす

不妊検査の内容は、基礎体温の測定、超音波検査、子宮頚管粘液検査、フーナーテスト、抗精子抗体血液検査、子宮卵管造影検査、通気検査、各種ホルモン検査、子宮鏡検査、クラミジア検査、精液検査、陰嚢超音波検査などになります。
月経周期に合わせて行う検査もあるので、生理中でも受けることができます。
どの時期でも可能な検査がありますが、基本的に治療段階に従って実施していまきます。
不妊検査は、生理中や月経後に行うものもあるので、方法は様々です。男性ももちろん受けることができ、不妊の原因は、男性と女性の双方に原因があるので、夫婦で病院を受診することです。
不妊検査の内容で基本となるのは、基礎体温測定で、基礎体温を調べれば、排卵されているかどうかがわかります。
超音波検査は、超音波を用いて子宮の状態を診察するのですが、これで子宮内の腫瘍や病気の元を発見できます。
子宮卵管造影検査は、卵子が子宮へ向かう通り道の卵管に異常がないかどうかを調べます。
血液、ホルモン検査は、採血をして女性ホルモンなどのホルモン量や糖尿病などがないかを検査します。
不妊検査の期間は1〜2ヶ月掛かることもあるので、できるだけ、リラックスして受けることです。