卵子凍結の費用とは。将来の妊活の前に備えておいたほうがいいかも

女性ホルモン 増やす

卵子凍結というのが今話題になっています。卵子凍結保存すれば、独身女性でも、将来妊娠出産できないリスクを軽減できるからです。
夢の技術ともいわれているもので、特に妊娠出産のタイムリミットに焦りを感じている女性に有効な選択肢になります。
妊娠出産となると、35歳以上は高齢出産になるので、40歳や45歳を超えると絶望的に感じてしまいます。
そうした人のために、卵子凍結医療が認められるようになりました。医学的な理由なしに、将来に備えて独身女性も凍結ができるようになったのです。
健康な卵子を育てれば、あとは採卵の凍結保存のみなので、将来の妊活の前に備えておいたほうがいいかもしれません。
但し、卵子凍結の費用はかなり高いです。
各種検査、採卵、凍結などで70万円〜100万円前後かかり、卵子の凍結保管料として卵子1個あたり約1万円かかります。
10個程度保存するとなると、年間10万円かかることになります。
また、妊娠を希望する際の凍結卵子の融解費用として、1回あたり30万円〜50万円程度かかります。
健康な女性が卵子凍結する場合は、全額自己負担となり健康保険は適用されないことになります。