コラーゲンは意味ないって本当?口から飲んでも分解されるだけ?

コラーゲンは意味ないって本当?口から飲んでも分解されるだけ?

 

コラーゲンは口から摂取しても意味ないというのは本当です。
年齢を重ね減るのも本当ですし、張りがなくなるのも事実です。

 

しかし、飲むコラーゲンやすっぽん、ふかひれや豚足、煮凝りなどを食べてもすべて消化され分解されアミノ酸になってしまいます。素となるアミノ酸を摂取してもそれを作る能力がなければ意味がありません。
コラーゲンを作れと指令するのはホルモンです。そして体中の細胞が必要としているので肌にまで届く余裕はないのです。

 

では、どうすればよいのか、コラーゲン入りの化粧品を使用しても、分子が大きいため真皮にまではとどきませんので意味ないですし、もともと異種生物の物は受け付けないのが人間の体ですので魚由来の物が多い化粧品ならなおさらです。
角質の水分を保つ働きがあるので保湿成分としては有効です。

 

ではどうすればよいのか。外から取り入れるのではなく、増やす成分や持っているものを強くする成分をとればよいのです。
それはビタミンC誘導体です。そのままでは浸透しにくいビタミン?を浸透しやすくしたものです。
クリームより化粧水の方が浸透しやすいでしょう。

 

いくつか種類がありますが、リン酸アスコルビルやリン酸アスコルビルリン酸3Naが浸透力が高いです。
敏感肌のかたにはナイアシンが低刺激なのでお薦めです。
レチノールは肌のターンオーバーを促しコラーゲンを増やす働きがあるのでアイクリームなどに良く使われています。ピーリングなどをした後に使うと効果的です。
コラーゲン入りの化粧品は保湿をしてくれるものとし、コラーゲンを強く増やす成分が配合されている物を選びましょう。