ムシバイの効果を徹底解説!

歯の健康が気になっているみなさん、「8020運動」をご存じでしょうか。
近年、「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という、平成元年に厚生省と日本歯科医師会によって提唱された運動のことです。
これにより子供の虫歯予防への意識は高まり、平成元年から比べると、虫歯のある子供の割合は大幅に減少しているというデータがあります。
しかし、その一方で、極端にむし歯が多い「口腔崩壊」状態の子供がいる学校も未だに30%以上あるのも事実です。
自分の子供が歯磨き嫌いであったり、きちんと歯磨きをしているはずなのに虫歯傾向にあったりと、日々悩まされている方が多いのではないでしょうか。

そんな中、「ムシバイ」を利用している人がどんどん増えています!
おやつ感覚で食べるだけで虫歯対策ができると話題の「ムシバイ」の効果にはどのようなものがあるのでしょうか?さっそく確認していきましょう!

ムシバイの詳細・購入はこちらから

効果1:ヒト由来の乳酸菌で口内の善玉菌を増やす!

ムシバイには、クリスパタス菌KT-11という動物由来でもなく、植物由来でもない、ヒト由来の乳酸菌が入っています。
クリスパタス菌は、女性の産道に多く存在し、赤ちゃんが産道を通って生まれるときに、最初に母親から渡されるのがこの乳酸菌です。
なんとこの乳酸菌は、炎症や細菌の増殖を抑える効果があり、口内の善玉菌を優位にして、虫歯や口臭を防いでくれるんです!
さらに、熱に強く、体内に入ってもしっかり働いてくれるため、動物由来のものや植物由来のものに比べて守る力が段違いと言われています!
そして、唾液の免疫力を高めるものなので、口の中にとどめておく必要がないため、ボリボリ噛んでしまっても大丈夫です!

また、この乳酸菌を増殖するのに特許技術が使われており、やっとのことで商品化につながりました!
それたけ貴重な菌が配合されているってことですね!

効果2:有機大豆使用のPS-B1で、乳アレルギーの人も安心!

最近は、アレルギーをもつ子供が増えていますよね。
乳アレルギーの子をもつご家族からしたら、乳酸菌と聞くと避けがちになってしまう方も多いのではないでしょうか?

ムシバイに含まれている特許成分のPS-B1は、21種の乳酸菌をもとに培養されたもので、国産の有機大豆を培地としています。
ですので、乳アレルギーの方でも安心してお召し上がりいただけます
PS-B1は自然由来の成分で、口の中にいる善玉菌の働きをサポートして、口内環境を整えてくれます。
殺菌剤みたいに、良い菌も悪い菌もむやみに殺してしまうものではないので心配ありません!

効果3:歯に優しい甘味料「キシリトール」で甘いのに低カロリーに!

キシリトールは虫歯の原因となる「酸」を作らないため、歯に優しいのです。
砂糖と同じくらいの甘味があるのに、カロリーは砂糖と比べて約15%少なめになっており、カロリーはそこまで気になりませんよね!
さらに、その甘味で唾液の分泌が促されるので、歯の再石灰化作用も期待できます
自然界でもイチゴやカリフラワーなど果物や野菜に豊富に含まれているキシリトールですが、口の中に長く留まることが重要なので、食品から摂ることには向いていません。
それに比べムシバイは舐めるタイプのため、食品よりは長く口の中にとどめておくことができるので良いですね!

効果4:食べやすいチュアブルタイプで手軽に!

子供に錠剤の薬を飲ませる際、苦労したことはありませんか?

ムシバイは、お菓子みたいにポリポリ食べることができるチュアブルタイプです。
子供でも簡単に楽しく食べれるから、食べさせるのに苦労することもありません!
普段歯みがきに苦労されてるお母さんにとっては、手をかけることなく、子供の歯のケアができるのはうれしいですよね。
子供が自分から手に取って食べてくれるので、とっても楽にお口のケアができます

効果5:おいしいヨーグルト風味で、自ら食べたくなっちゃう!

どれだけ歯に良いと言われても、おいしくなければ続けることなんてできません。
大人もそうですが、特に子供はその傾向が強いです。
「歯にいいから」という理由だけでは食べてくれません。
そこで子供にムシバイのことを好きになってもらえるように、いろいろな味を試作して考えた結果、一番人気を集めたヨーグルト味に決定したそうです!
歯みがき後に唯一お母さんからも許されたおいしい「おやつ」があるおかげで、今まで歯みがきを嫌がっていた子供でも、言われなくても自分から、ムシバイを楽しみにして歯みがきをするようになってくれています
ヨーグルトの風味がするのとしないのでは大違いのようです。

効果6:体に優しい成分のみ配合で、とっても安心!

特に子供が毎日口にするものなので、成分の優しさにもとことんこだわりがあります。
殺菌剤、発泡剤、界面活性剤はもちろん、合成着色料、合成保存料、合成調味料、乳アレルゲン、グルテン、糖類、ポリエチレングリコール、刺激グリセリン、フッ化ナトリウム、発色剤、漂白剤、パラベンも一切使っていません。
そのため、ムシバイは子供の体に優しい成分だけで作られた、小さな子供でも毎日安心してお召し上がりいただける商品ということがわかります。

効果7:厳しい品質基準をクリアした、国内のGMP認証工場で作られているので安全!

GMPとは、適正な製品の品質と安全性を確保するための基準で、厚生労働省が示したガイドラインに基づいています。
原材料の入荷、製造、最終製品の出荷など、全ての過程で基準を満たした構造設備のもと、適切な品質管理や製造管理が行われるように定められています。
このGMP基準で製造することで、安心できる製品をご提供できます。
さらに安心してお召し上がりいただけるように、第三者機関に依頼して厳しい放射線物質検査も実施し、結果はもちろん「検出せず」。安全に徹底的にこだわっている結果だと思われます。
専門的なことは一般人にはわかりませんが、とりあえず絶対的に安心できる商品であることは十分に伝わってきましたね!

ムシバイには、大まかに以上の7つの効果がありました。

これらのことを踏まえて、最も効果の出やすい正しい使い方を学んでいきましょう!

使い方は?

就寝中は、口の中の菌が繁殖して定着しやすい状態になっています。
ですので、まずはお休み前にしっかり歯を磨きます。

そして次に、歯磨き後の「おやつ」として1日1粒子供に与えます。
ここで気をつけるのが、噛まずに飴のようにゆっくり舐めることです
ここで、「あれ?さっき噛んでも大丈夫って言ってなかった?」と思った方もいると思います。
確かに、先ほどの文ではそう言っていました。
その通り、もちろん食品ですので噛んでも何も問題はなく、効果もあります!
ただ、ムシバイの効果を最大限に生かすという点では、噛まない方が良いと捉えていただければと思います。

そして補足ですが、もし子供が歯磨きを嫌がっている場合、まずはお父さんお母さんが楽しく歯磨きをしたあと、おいしそうにムシバイを食べている姿を見せてあげると効果的でしょう。
そうすれば子供も食べたくなって、まねして歯磨きをすること間違いないですね!
良い習慣を身につけるのには、約3ヶ月かかると言われています。
子供の歯磨きを習慣化させるために、地道に、おいしく、楽しく頑張っていきましょう!
いずれ子供が、ムシバイなしでも歯磨きをする日がくるのが楽しみになってきましたね!

どうでしたか?ムシバイは、これまで苦労してきた子供の歯磨きを一粒で解決してくれる優れものです!安全で、おいしくて、簡単に、気軽に始めることができるので、子供の虫歯対策で悩んでいるお父さんやお母さんはもちろん、これから子育てが始まるご家庭のみなさんも、ぜひ始めてみてはいかがでしょうか。

ムシバイの詳細・購入はこちらから